SØMME

ー 旅と手仕事 ー

2018秋スペインの旅・バスク編 vol.9-ビルバオのおすすめバル③-

バスク地方で私が一番好きな街ビルバオのおすすめバルをご紹介してきましたが、3軒目の今回は、おすすめのバル②でご紹介した「Gure Toki(グレ・トキ)」と同じ、旧市街ヌエバ広場にあるバルです。

地元に愛される人気バル

「La olla(ラ・オラ)」は、2015年ベスト・オブ・ピンチョスバルに選ばれた、ヌエバ広場でも1,2を争う人気バル。②でご紹介した「Gure Toki(グレ・トキ)」と混雑っぷりは同じくらいですが、客層はGure Tokiに比べやや大人&男性率高めです。地元の老紳士などの姿もちらほら。

こちらは、店内はほぼスタンディングで頂くスタイルのバル。カウンターにバースツールが備わっていますが、混雑時は座れません。外のテラス席もありますが、常に満席。時間を狙って行けば座れることもありますが、一人だときっと相席です。

店員さんが優しい

ここのバルの魅力は美味しいピンチョス!とスタッフ!ビルバオはのんびりした土地柄なので繁盛店でも接客は優しめなんですが、ここの店員さんはとっても優しい~どんなに忙しくても優しくオーダーを聞いてくれて、笑顔で気配りしてくれます。テキパキと気持ち良い働きぶりながら、お客さんとのコミニュケーションも丁寧で、とても好感の持てるバルなのです。

私が選ぶベスト・ピンチョス

カウンターにずらりと並ぶ美味しそうなピンチョスたち。ベストオブピンチョスに選ばれただけあって、お味はどれも絶品。しかしながら結構ボリュームがあるので、バル巡りをするなら2皿くらいに抑えたいところ。

こちらは私が決まってオーダーするステーキ(3.9€安い!!)。最初にオーダーして、カウンターに並んだピンチョスを摘まみながら待ちます。早いと10分程で熱々のステーキを持ってきてくれるのですが、量も少な目なので色々食べたい時、一人旅には嬉しいステーキです。味付けはシンプルに塩のみ。バスクの他のバルでもステーキを食べるのですが、決まってこのフレーク塩がかけてあります。このお塩だけでここまの味を引き出せるなんて!塩味と甘みと旨味が詰まったお塩なんです。毎回お気に入りの食材屋で買って帰るほど。

狙い目は朝ごはん

①でご紹介した「La Vina del Sanche」同様、こちらも朝8時から営業しているので、朝だとゆっくり座って美味しいものがいただけます。ヌエバ広場に面したテラス席で太陽をいっぱい浴びながら食べる朝ごはんは最高なのです。

朝はカウンターに色々な種類のサンドウィッチが並びます。どれも本当に美味しそうなのですが、結構ボリューム満点。これだけで満腹です。もちろん定番のピンチョスも並んでますのでおつまみ系と朝からワイン、チャコリも可能~

朝8時から夜22時半までノンストップ営業なので、シエスタ(14時―16時頃)の時間帯でも営業している&土日も営業しているので、他のバルがやってない時に使えるお店です!

La Olla de la Plaza Nueva(ラ・オラ・プラザ・ヌエバ)
営業時間:8時~22時半
定休日:無し
クレジットカード:使用可

☟海外買付アイテムはこちらで絶賛発売中☟