SØMME

ー 旅と手仕事 ー

2018秋スペインの旅・バスク編 vol.8-ビルバオのおすすめバル②-

前回一番大好きな1軒La Vina del Ensanche(ラ・ヴィーニャ・デル・エンサンチェ)をご紹介しましたが、ビルバオには良いバルがまだまだあります~今回はそんな中の1軒をお届けします!

海外買付商品はこちら

【全品30%off】SOMME autumn fair(2019年10月25日まで)はこちら

旧市街ヌエバ広場のバル

ビルバオの旧市街の入り口、ヌエバ広場には、広場をぐるりと囲むようにバルが立ち並びます。各店の店の前の広場にはテントとテラス席が設けられていて、心地よい外の風を感じながらピンチョスとお酒が楽しめます。

このヌエバ広場、日曜には古本のマーケットが朝から立ち、朝早くから地元の人でにぎわいます。広場を古本を眺めながら散歩して、バルで朝ごはん!最高です。

新感覚の人気バル「Gure Toki」

ヌエバ広場のバルの中でも一番人気のバル「Gure Toki(グレ・トキ)」。伝統的なメニューを出すバルが多い中、伝統的な一皿をアレンジして進化させた新しいピンチョスが楽しむことができるバルです。

作り置きのカウンターに並ぶピンチョスも他では見かけないものばかり。見た目にもインパクトがあって面白く、味も良いとあって、観光客から地元の人まで人気なのもうなずけます。エビの唐揚げの串刺しにフライドポテトを差してあって、カップの底のソースを付けて食べるピンチョスなど、斬新なものがずらり。他のバルに比べ年齢層が若いのもメニューをみていると納得。

器も楽しく&美味しく

グレ・トキに来ると、カウンターに並んだピンチョスが楽しくて、美味しそうで、どれを頼もうか本当に悩んでしまうのですが、私が毎回気に入ってオーダーしているのが、イワシの缶詰にトマトや玉ねぎなど酸味のあるソースが掛かったピンチョス。このメニュー自体は伝統的なメニューですが、缶詰を器にして出すところが面白い!もう一皿はタコの唐揚げがバゲットに刺さったピンチョス。これは見た目が楽しかったので頼みました。そしてコーンの冷製スープも絶品!グレ・トキに来たら必ずスープはオーダーするのですが、毎回ハズレなし!三ツ星レストランの1皿かと思うくらいの深い味と楽しい食感が楽しめるのです。

狙い目は夕方

グレ・トキも本当に人気店なので18時以降は満員で身動き取れない程の人が入ります。しかし狙い目なのがランチ後の夕方16時~17時頃なら店内は写真のような感じ。カウンターで好きなピンチョスを選んで席に着席して楽しむことができます。

毎回何を頼もうか楽しめるそんな人気バルです。

Gure Toki(グレ・トキ)
営業時間:9時~23時半(月~金)、10時~23時半(土曜)、10時~16時(日曜)
定休日:水曜日
クレジットカード:使用可

☟海外買付アイテムはこちらで絶賛発売中☟