SØMME

ー 旅と手仕事 ー

バリ島癒され旅 vol.3 -素敵なヴィラに泊まる前編 -

前回バリ島の私の大好きな朝の過ごし方について書きましたが、そういえば大事な宿の話がまだでした!朝ごはんにつづく予定でしたが、先に宿のお話を~

バリに来たらヴィラに泊まりたい

バリ島で楽しみなことの一つが宿での滞在。バリ島は世界屈指のリゾート、私がこれまで行った世界の色々な土地の中でも宿のレベルが本当に高い!島中どこの宿もホスピタリティ、心地よいサービス、美味しい食事、気持のよいプール、素敵なインテリアなどなど、素敵な宿が多く、自分好みの場所を探す楽しみがあります。ホテルタイプも良いのですが、バリに来たらやっぱりヴィラに泊まってみたい!

ということで、今回は私が滞在して良かったヴィラをご紹介します。高級なヴィラはあまり好みではないので、私が本当に心地よいと思える大切な場所です。

ヴィラは基本的には1軒屋タイプでとっても広く、隣の音も気にならず、ゆったりとした滞在が叶うので、非日常が味わえて凄くリラックスができる宿ではないでしょうか。

海側スミニャック・クロボカンエリアにもたくさんの素敵なヴィラがあるのですが、
私の宿選びの基準、、、、
①インテリアが素敵か?
②海まで歩けるか?
③朝ごはんのクオリティ

②は、前回書いたように朝のビーチウォークが大事なので歩ける距離に海があるのがベスト。そして、10万円(1泊)出せば物凄く素敵&豪華なヴィラに泊まれるのですが、豪華とかブランドとかはどうでもよくて、とにかくインテリアが上品でごはんが美味しい海に近いヴィラが私好みなのです。

クロボカンのおすすめヴィラ

お洒落なクロボカンエリアにあり、徒歩5分でBatu Belin Beachまで行ける場所にあるVilla Bali Asri Batubeling(ヴィラ バリ アスリ バツべリグ)。今回のバリ島滞在は、後半にご紹介するヴィラに滞在したのですが、前回滞在したこちらも凄く素敵なのでおすすめ。

ここはなんと言っても洗練されたインテリアがとっても好みで、ゆったりとした300㎡のスペースに上品でセンス良く、家具や小物が配置されいて、バリにありがちな工芸品の渋い雰囲気がなく、アジアらしさを程よく残しつつも大人の洗練された空間になっています。

ベッドは天蓋付きで、もうそれだけでテンションがあがりますよね!

お風呂は石をくり抜いたバスタブが半外のような場所に設置されていて、外の風を感じながら露天風呂が楽しめます。

ここの良いところは、とっても清潔でリネン類も真っ白ふかふかなんです。あたり前のことのように思いますが、バリは湿気が多いのでカビ臭かったり、タオルやシーツがジメっとしてたりするのですが、お掃除も行き届いていて、とっても快適でした。

アメニティもオリジナルのものを使用していて、シャンプー類はジャスミンの香りで使い心地もよく、ジャスミン好きとしては、買って帰りたいとスタッフに聞いたほど。

ヴィラでいただく朝ごはん

朝ごはんについては後ほどじっくりの予定ですが、こちらのヴィラには専属のバトラーがいて、前日に朝ごはんの時間を伝えておくと、バリの民族衣装を着たバトラーがキッチンで朝ごはんを作ってくれます。

基本メニューがパン3種、飲み物(コーヒー、紅茶、ハーブティー)ジュース、フルーツ盛り合わせ。メインは、希望に合わせて調理してくれます。

この日は、バナナのパンケーキをオーダー。ふかふかのパンケーキをバトラー君が焼いてくれました!
色々な好みに合わせてアレンジも可能で融通も利いて、リクエストにも可能な限り応えてくれるのが嬉しい~。

のんびり過ごせるプライベートプール

朝一番にビーチウォークで2時間歩き、帰ってきたらゆっくり朝ごはん。そして日中はヴィラのプールでのんびり過ごすのが最高のバカンス!こちらのヴィラは全室プール付きなので、他の宿泊者に気兼ねなく、24時間プールを楽しめます。プール脇にはマットレスとクッションが配置された日除けのガゼホがあり、ここで本を読みながら、音楽を聴きながら過ごす時間は最高なんです!

スミニャックエリアに同じ系列のVilla Bali Asri Seminyak(ヴィラ バリ アスリ スミニャック)というヴィラがあり、そちらも是非いつか泊まってみたい!

◆場所:Villa Bali Asri Batubelig
◆住所:

次回は今回滞在したヴィラです!

つづく

バリ島癒され旅記事一覧

instagram