SØMME

ー 旅と手仕事 ー

2018秋フランス旅・ブルゴーニュ編vol.4‐フランス最高のショコラティエを訪ねて‐

簡素ながら大満足のクロワッサンとエスプレッソの朝食を終えて2日目は終日お仕事DAY。ディジョンを代表するショコラティエFabrice Gillotte氏の取材を行うため彼のアトリエへ向かいました。

ブルゴーニュとチョコレートの素敵な関係

ワインの産地として世界的に有名なブルゴーニュ地方。実はチョコレートも美味しいのです。豊かな食文化を持つブルゴーニュ地方で最も有名なショコラティエ、それがFabrice Gilotte(ファブリス・ジロット)。フランス国内で優秀な職人に贈られるMOF(人間国宝のようなもの)を最年少かつ、パティシエ部門よりも選考が難しいと言われるショコラティエ部門の初代受賞者がFabrice Gillotteなのです。毎年ヴァレンタイン時期に日本で開催されるサロン・ド・ショコラでも彼のショコラを求めて集まるショコラファンが多く、ショコラ通に知られたブランドです。今回はご縁がありご本人に取材させていただくことが叶いました。

地元の食材を使って

Fabrice Gillotteの人気商品「マカロン」の製造風景を工場見学させていただきました。ディジョンの名産品カシスを使ったマカロンは、ふわっとサクサクの食感が楽しいマカロン生地に中にはトロッと濃厚なカシスクリームがたっぷり。口に入れた途端ほどけて絡まっていく異なるふたつの食感が絶妙な逸品。手作業で丁寧に作られたマカロンの作りたてを試食させていただけて幸せ~

Gillotte氏自身も毎日工場に出てスタッフたちと一緒に作業されているそう。この日はディジョン市内にあるブティックのウィンドウに飾る季節のキノコのオブジェ(全てチョコレート)を彫刻のように作っていました。作業している姿もとっても素敵☆

ディジョン市内のブティック

ディジョン市内には2つのブティック、お隣の街ボーヌにも1つブティックがありディジョン観光で立ち寄ることが可能です。夏場はブティックの店先にアイスクリームのブラックのワゴンが出ていて、地元の人や観光客で賑わっています。

新商品のポップコーンはキャラメル、イチゴ、パッションフルーツの3種。どれもこれまでのポップコーンの概念を超える美味しさ!!

他にもお土産に良さそうな箱入りショコラがいろいろ。日本で購入するよりも随分お安く手に入ります、ショコラ好きの方はまとめ買い必須です。

マカロンも1個から購入可能。街歩きに食べるのも○。

ブルゴーニュでチョコレートをイメージする人は少ないかもしれませんが、パリで買う有名店のものよりもかなり美味しいお味です。丁寧に地元の食材を使った絶品ショコラは、パリではショップを持っていないのでブルゴーニュにこないと味わえません。

場所;Fabrice Gillotte Creator Chocolatier
営業時間:9:15~19:00
クレジットカード使用可能

ディジョンの美味しいものはまだまだ続きます~

海外買付商品はこちら