SØMME

ー 旅と手仕事 ー

2018秋スペインの旅・バスク編 vol,12-ビルバオからサンセバスチャン・バスの旅-

私のビルバオ愛を10回に渡ってお伝えしてきましたが、満を持して日本の皆さん大好きなサン・セバスチャンへ。今回は私が激押しするビルバオを拠点としたバスク旅ですので、ビルバオからのバスでサン・セバスチャンへ向かうデイトリップをご紹介します。

ビルバオからバスの旅

バスクと言えばサン・セバスチャンというくらい最近知名度が上がってきました。私も初バスクはサン・セバスチャンでした。ビルバオからサン・セバスチャンへの交通手段はバスのみ。ビルバオのバスターミナルからの出発となります。

場所:TERMIBUS

バスターミナルは、地下鉄のSan Mames駅が最寄になります。バスターミナル付近に近づくと大型バスが何台も乗り入れしているので場所はすぐにわかると思います。

チケットを買う

サン・セバスチャン行きのバスは毎時1本、ALSAまたはPESAというバス会社の運行。バスターミナルまでやってきたら乗りたいバスのチケットを買います。

このような券売機がずらっと並んでいますので、乗るバスの運行会社の券売機で買います。私はいつもPESAを使っているので、写真のグリーンの券売機を使って購入。スペイン語、英語、ポルトガル語などの言語のみ、日本語はありません。言語を英語を選んで購入します。(片道12.3€)
サン・セバスチャンはDONOSTIA(バスク語)という地名で表記されています。(San Sebastian=Donostia) Departure「Bilbao」to Destination「Donostia」で選んで購入。

チケット購入&バス乗車の注意点

①事前に予約または発券しておく
当日は満席の可能性があります、特にみんなが動く朝の時間8時、9時台や土日などは、当日直前にバスターミナルに行ってチケットを買おうとしても既に満席でチケットが買えないことがあります。特にサン・セバスチャン行きはいつも満席なので直前ではなかなか取れません。ある程度予定が決まった前日に直接券売機で買っておくか、ネットで予約するかが良いと思います。1時間に1本しかないので、次のバスや次の次のバスを待っているとその日の予定が大幅に狂ってしまうので、可能な限り事前手配をおすすめします。ということでもしビルバオに戻ってくるなら、Around tripで帰りのチケットも一緒に発券するか、サン・セバスティアンのバスターミナルに着いたらすぐ購入しておきましょう~

②インフォメーション窓口に行く
券売機が使えない時、または英語に自信がない時に向かうのがインフォメーションなのですが、インフォメーションの窓口でもチケット購入ができるのですが、いつも凄く長蛇の列なのです。人気観光地となったビルバオは、世界各国から色々な言語の人が集まるので、インフォメがいつも大混雑。1時間近く並んでようやく自分の番が来たらすでに乗りたい便が満席なんてことも。インフォメーションで買う場合も時間に余裕がある前日が良いと思います。

③遅延やキャンセルがよく起こる
これはスペインのバスではよくあるのですが、時間通りに出発しません。大幅に遅れたり、乗客が少なくてキャンセルで次の便(1時間後)に振り替えなんていうこともよくあります。早めにバスターミナルに行って電光掲示版をチェック。自分の乗る便がどのステーションで何時発かを常にチェック、もし出発時間になっても表示されない、、、なんてことがあったら近くのスタッフに聞きましょう。バスステーションは同じ会社の同じデザインのバスが何台も停車しているので、電光掲示板のバスステーションに行き、バスのフロントに書かれた行先をチェック。ついでに乗車するときに車掌さんにも聞くと安心。

④座席は全席指定
券売機でチケットを買うとレシートのような紙切れが出て来ます。これがチケットです。無くすと乗れません。ここに出発地、到着地、時間、便名と座席番号が書かれています。この座席番号に着席しなくてはいけません。基本満席なので間違った席に座っていると、他の乗客から指摘されます。

⑤大型の荷物
バスク間の滞在地の移動でビルバオからサン・セバスティアンに宿を移す場合、日本から持って行った大きなスーツケースをバスに預けることになりますが、出し入れは基本的に自分でやります。バスの側面に大型の手荷物入れがあるのでそこに入れます。運転手が出し入れしてくれる場合もありますが、基本的には自分で出し入れです。

海外のバスはよく乗りますが、バスクのバスが一番難関でした。一番は当日の遅延キャンセル&満席で買えないなど。事前準備して、早めにバスターミナルに行っても予定通りにいかなかったり、案内がなくて不安になったりとなかなか大変なバスクのバス移動です。予定には余裕を持つこと、遅延やキャンセルも想定して予定を組むことをおすすめします。レストランなどを予約してたり、飛行機や電車を予約しているとはらはら、イライラするのでバス移動は余裕がある日のみ利用がベター。

バスが出発が出発してしまえば、隣同士になった異国の旅人と話したり、ビルバオからサンセバへの車窓は、高原の羊の放牧が見られたり、バスクの美しい緑が見られたり、かなり綺麗です、寝ずに車窓をみましょう~約1時間15分のバスの旅は車窓を眺めていたらあっという間です。

☟海外買付アイテムはこちらで絶賛発売中☟