SØMME

ー 旅と手仕事 ー

モロッコ・マラケシュ買付の旅vol,13一人旅のススメ前編

前回のvol,12で終了する予定でしたが、リスボンに続き「ひとり旅・一人旅」の記事についてのご要望が多かったので、マラケシュのひとり旅のおすすめを書きたいと思います。

一覧:モロッコ・マラケシュ買付の旅

リスボンvol,8一人旅のススメ

ひとり旅の準備

私のブログやinstagramを見て「モロッコ行ってみたい!」というお声をよくいただくのですが、本当に美しく刺激的で素晴らしい土地なのですが、日本からも遠く先進国ではないので女性の一人旅の旅先として若干ハードルが高めかと思います。

しかしながら、アラブ文化に触れ、今まで経験したことの無い様な景色や世界を見ることができることは、人生の中での希少で素晴らしい体験となるでしょう。
私ももう毎年2回以上渡航していますが、未だに刺激的で新しい発見が多く毎回楽しませてくれる土地です。素敵な旅にするためには、ひとり旅はいつも以上に準備と予習が必要だと思います。

事前の情報収集

私は初めての土地に旅するときは、物凄く事前リサーチをします。とりあえずトリップアドバイザーと4travelは徹底的に読み漁ります。その中で良さそうな情報を拾い集め、自分が行きたい場所、見たいもの、買いたいもの、食べたいものを絞りこみ、旅に臨むのです。

そして、やっぱり移動手段のリサーチは徹底的にします、列車の乗り継ぎや楽に行けるルート、電車とタクシー料金などなど。そんな時一番役に立つのはGoogle map。徒歩とタクシーでの所要時間を調べて、歩ける距離かどうか検証します。泊まる宿の位置やエリア情報、チップの習慣、乗り物の乗り方などなど。

ちなみにリスボン編でおすすめした「Uber」ですが、マラケシュでは全く使えませんでした。

私は旅の情報収集が大好きなので、苦になりませんが、時々行き当たりばったりで、始めての土地且つ発展途上国に行くという人がいますが、それもまた冒険という意味では良いかもしれませんが、女性の一人旅の場合は、絶対におすすめしません!特にモロッコはじめアラビックの世界は、日本の常識が通じなかったり、タブーがあったり、簡単に犯罪に巻き込まれてしまうこともあるのです。現地の情報収集は少々面倒で時間も取られますが、旅が安全で素敵なものになるように、事前の準備は万全に!。

フライトを予約

モロッコまでの日本からの直行便はないので、ヨーロッパの都市を経由するか、中東を経由するかになります。

エアフランス【羽田ーパリーカサブランカ】
エミレーツ【成田ードバイーカサブランカ】
マラケシュに向かう場合はどちらもカサブランカから陸路。

私はモロッコへは、ヨーロッパで仕事をしてから入ることが多く、東京からモロッコ入りしたことがないのですが、来月は初東京からモロッコ経由でヨーロッパという逆ルートを試してみます。来月使うのはカタール航空。ドーハを拠点とする中東の航空会社です。

マラケシュと日本をよく行き来している方曰く、カタール航空のフライトがおすすめだという話を聞いて、決めました!
【東京(羽田)-カタール(ドーハ)-カサブランカーマラケシュ】

カタールかエミレーツか!?

カタール航空は、羽田から深夜に出る便が便利で、2回乗り継ぎがあり一見不便に見えますが、終着地マラケシュまでカタール航空の通しのチケットで、荷物がマラケシュまでスルーなのと、カサブランカの空港から自力で陸路でマラケシュに辿り付くことを考えると断然楽です。
17時50分マラケシュ着ですが、宿にお迎えを頼んでおいてArrivalホールでPICKUPしてもらえば、安心してメディナの宿に向かうことができるでしょう。

私は昨年の夏カタール航空を利用しましたが、機体は新しく、サービスも海外の航空会社しては上々、そして機内食も美味しかったです。乗り継ぎで使ったドーハ空港のラウンジが凄く快適なのも良かったです。

※18年7月更新:カタール航空(東京ーマラケシュ)のレポートはこちら☟

2018Aprilモロッコ・マラケシュ買付の旅“カタール航空に乗って”

カサブランカ空港から列車でマラケシュ

モロッコの旅で、エミレーツ航空【東京ードバイーカサブランカ】のルートを使う方が多いと聞きます。

昼過ぎにカサブランカに到着して、そこから電車でマラケシュに向かうルートは、一見楽そうに見えますが、カサブランカの空港ー市内ーマラケシュで乗り換えがあるので、大きな荷物を持っての乗り換えはなかなか大変なのと、モロッコの列車はよく止まってしまうので時間が狂い、夕方マラケシュ到着のはずが、日の落ちた時間の到着になってしまうことも。初モロッコ女一人旅の場合、日が落ちてからの移動はやめておいた方が良いと思います。

飛行機の場合、遅延やキャンセルで旅程がくるっても、空港であれば空調もあって食べものトイレもありますし、暗くなってしまってもセキュリティ面でも安心です。
電車で途中で止まってしまったり、予定の列車に乗れなかったりしたら、電車の中か駅の待合室で待つことになり、一人で大きな荷物を抱えては不自由です。

一人旅は空港トランスファーを予約

カサブランカ着のフライトで、カサブランカからマラケシュかフェズ(FEZ)に移動する場合は、ちょっとお高くなりますが、宿の空港トランスファーを手配するのも良いと思います。カサブランカ空港ーマラケシュまでしか調べた経験がないのですが、1000DH-1500DH(約12000円~18000円)ほど。現地の日本人がやっている旅行代理店に依頼してもだいたい2万円くらいのところが多かったです。

マラケシュ空港からメディナのリヤドまでの空港トランスファーを私はよく利用するのですが、宿の場所にもよりますが、片道200DH-250DH(約2200円DH-2800円)。タクシーが入れないメディナの中を一人で大荷物を持って移動するのはほぼ無理なので、毎回トランスファーを頼んでいます。

はじめてのモロッコ、女一人旅であれば、安心と安全はお金には代えられませんので、トランスファーを手配するのもおすすめです。2人以上でも女性だけは不安だと思いますし、20時間以上丸1日かけて到着フライトの後で体力的にもきついので、トランスファーが楽ではないでしょうか。

空港トランスファーについては宿を予約するときに、問い合わせから確認すると教えてくれます、だいたいどのリヤドも提携しているドライバーがいるのでフライトの到着時間に合わせてアレンジしてくれます。ドライバーが空港のARIVAL HALLで名前の書いたボードを掲げて待っていていてくれます。

宿は必ず事前に予約

ひとり旅は絶対に事前に宿を予約すること、どんな場所かある程度地図とGoogle earthでチェックしておきましょう。あまりにメディナから離れた郊外だとメディナの雰囲気が味わえないので初回はメディナの中で宿が良いのではないでしょうか?色々なホテル予約サイトを見比べて写真や口コミの良い(できれば日本人に)を選んでみましょう。日本で出版されているモロッコのガイドブックに出ている宿は、日本人の対応に慣れていて安心です。

宿選びと基本知識はこちらの記事へ

リヤドに泊まる-前編ー

リヤドに泊まるー後編ー

モロッコ・ごはん事情

※2018年7月更新:マラケシュのWIFI事情☟

2018Aplirモロッコ・マラケシュ買付の旅DAY1-②SIMカードを入手

後編につづく

一覧:モロッコ・マラケシュ買付の旅


instagramはこちら

SØMME ONLINE SHOP